2014年3月17日月曜日

かしら屋 (赤羽)

こんにちわ、一番下っ端KPXです。
今日は赤羽の酒場。
赤羽も「酒場の聖地」と呼ばれる場所で、有名な酒場がたくさん有りますね。
ジャン酎モヒートの「まるます家」、立ち飲みおでんの「丸健水産」晩杯屋のルーツ「いこい」などなど。
土日ともなれば早い時間から飲兵衛が集まる街。



今回は「かしら屋」さんです。
OK横丁内の2階、ちょうどまるます家の裏手にある店。

潜入は2回目。
こちらの店は店名からも予想出来る、やきとんのカシラがメインの店。
金曜日の7時過ぎに1人でチェックイン。
店内は20人程度座れるコの字カウンター、テーブル席も結構有り、キャパは有ります。
私が入店した時はテーブルもカウンターもほぼ埋まっておりました。
運良く焼き台の目の前の席が空いていたので、店長の仕事ぶりを眺めながら満喫させて頂きました。
目の前には長皿が1枚置かれており、頼んでもいないカシラがポンと置かれます。
そう、こちらの店は日本焼き鳥7大タウン、埼玉の東松山スタイルを東京で体験出来る店。
東松山では焼き鳥はやきとんの事を言い、焼き鳥協会も存在するガチな街。
本BLOGでも「新盛」さん と 「桂馬」さんをレポートしております。
さて、「かしら屋」さんは東松山ではなく、埼玉県川越市の「若松屋」が東京進出して来た店。
「若松屋」には行った事はないですが、何度も店の前を通りかかった事が有りまして、ボロい店なのにいつも満員で川越でも人気な酒場なんでしょう。



塩焼きで出された串にお店オリジナルの味噌をはけで塗って頂きます。
カシラはネギマになっており、真ん中は脂身になっており、仕事も細かいし、何よりかなり美味い!
焼き台の店主は客の様子をチェックしながら、食べ終わったタイミングでカシラがポンと置かれます。
まさに、わんこそばスタイル!
焼き台の上には20~30本のカシラが常時焼かれていて、お客もみんなカシラ狙いでこの店に来ていて簡単にストップをかけないのが分かります。





しばらくの間、ポテトサラダ(400円)とホッピーとカシラで楽しみます。
カシラの間にレバーを1本焼いてもらいましたが、割りと普通(これもネギマです)でした(笑)



カシラを食べかけでKEEPしながらレバーを追加



結局、カシラは5本止まり、レバー1本、にんにく1本で計6本。
ポテトサラダを足すと1,000円ちょっと。
週末ということで、5杯も呑んでしまったので会計は2,800円くらいでした。
ホッピーで止めておけば2,000円くらいでいけますね。
ちなみに、新橋店と大宮店もオープンしたそうです。

とにかく味噌塗りの塩焼きカシラが美味いので、是非ともチャンスが有れば行ってもらいたい酒場です。




飲兵衛のAKBは秋葉原じゃなくAKABANEや!とか思ってたら赤羽産のアイドルが居ました(笑)
「Nゼロ(元AKBN 0)」読み方は「エヌゼロカッコモトエーケービーエヌゼロ」




0 件のコメント:

コメントを投稿