2013年7月5日金曜日

仲宿酒蔵


こんにちわ。

一番下っ端のKPXです。


駅で言うと最寄は都営三田線の「板橋区役所前」。

10分弱歩きますが、JR埼京線の「板橋駅」、東武東上線の「大山駅」からも行ける酒場「仲宿酒蔵(なかじゅくさかぐら)」 さん。

営業時間は16時~23時、日祭日と第2第4土曜日が休みなので、基本は平日狙いしか出来ない酒場です。

板橋区仲宿は江戸時代には宿場街として栄えた歴史があるそうで、今は仲宿商店街を中心に住宅地になっております。

そんな仲宿商店街の路地裏にひっそり営業しているのがこの「仲宿酒蔵」。

若造が軽いノリではなかなか入らないとは思いますが、1度入れば老若男女がハマってしまう魅力が有ります。

ここも明らかにご近所の常連さんと、職場がこの辺りにある務め人で賑わう酒場です。

国会議事堂前の反原発でもに参加し、そのまま都営三田線の日比谷駅から板橋区役所までGO。

時間は21時半くらいでしょうか。


店に入ると、満席のテーブル席が目に入り、「ダメか・・・」と思ったら、意外にも5席程度のカウンターは先客は1人だったため、新参者の私はカウンターの出口寄りの端っこ席に座ります。

店内を見渡せば、程好い昭和感・広さ・雰囲気・・・。

私にとってはちょうど良い条件が揃っておりまして、かなり居心地が良いお店です。


まずは、ホッピー白セット(450円)をオーダー。

メニューを眺めてみると、種類はかなり豊富で、選ぶのが大変。

グループ客が多いのは納得のメニューのバラエティーさ。

お腹も減っているため、ポテトフライ(300円)と、炙り〆鯖(500円)で晩酌スタート。



腹減った時にはいつも頼んでしまうポテトフライは、スタンダートなクオリティー。

だがしかし、刺身がレベル高い。

どうやら毎朝、築地まで仕入れに行っているようで、ホタルイカは生でした・・・



この2点を一皿に盛られて出された時はテンション上がりました。

生姜醤油でホタルイカ、わさび醤油で炙り〆鯖を頂きます。

ボリュームも有るのでこれ以上の料理は頼めず、お楽しみは次回以降に取っておきたいと思います。



メニューを眺めていると、これまた種類が豊富。

自信が溢れ出しているかのごとく、刺身の種類が多く、あわび、白みる貝、蛤の刺身や、鯨ベーコンや生ウニも揃え、450~980円の間でランク分けされております。

刺身盛りも2点~5点まで可能で、グループ客もオーダーする時は迷ってしまいますね。


その他、焼き物、揚げ物、一品料理がたくさん有って、何度通っても飽きが来ないでしょうね。

これは常連さんが付くのは納得ですね。




おもしろいな~と思って眺めていたのは、ホッピーもいろいろやってます。

ホッピーをビールと捉えるならば、ビール系カクテルをホッピーでやってしまおうという発想が有ってもおかしくないわけで・・・

酒場ニューカルチャー発見です(笑)

ちなみに、中身は、焼酎が200円で、その他は300円です。

「ホッピーブラン」とか凄いですよね・・・

電気ブランがベース・・・

浅草辺りには「カミナリハイボール」というぶっ飛び酒も有りますが・・・

1杯ずつ変えてもOKですね。

気が向いたら頼んでみようかしら・・・





昭和風味のNICEな酒場。

こちらも、わざわざ遠出してまで行くのは大変かもしれませんが、酒場クオリティーは相当高いですね。

何よりも、女将さんの親切なサービスが素晴らしいです。

これだけでも癒されるのですが、料理も雰囲気もハイレベル。

お会計の時に思わず女将さんに「良いお店ですね~」と言ってしまいました(笑)






以下は、別の時に伺った際に撮った写真。



鯵の叩き


生海苔が添えてあるという憎いサービス。

さらに、驚く事に鯵の骨の唐揚げがサービスで出されます。





カウンターの目の前は寿司屋のようです。





マスカルポーネチーズ酒盗(300円)


スプーンにマスカルポーネチーズが乗っかり、さらにその上にカツオの酒盗が乗っかっておりまして、1口でペロリと頂きます。
美味かったです・・・








0 件のコメント:

コメントを投稿