2013年7月1日月曜日

一献(大山店)

こんにちわ。

一番下っぱのKPXです。

前回の「晩杯屋 大山店」に引き続き、今回も東武東上線の大山駅の酒場です。


今回は「串焼き肉刺し 一献(いっこん)」さん。

こちらは、東武東上線で池袋から15分程度、朝霞台に有る本店から都内に進出して来たモツ系の酒場のようです。
埼玉だと戸田にも姉妹店があるよ。

モツ焼き、モツ刺が売りの店ですね。

大山店は、池袋から東武東上線の各駅で5分の大山駅に有ります。

駅前から続く巨大な商店街「ハッピーロード」を徒歩4,5分進んで左の路地に入ったところに有ります。

近くには、鏑屋、そしてオープンしたての魚猫、ひなたなどの大人気の酒場も有りまして、大山酒場激戦地区なのです。

年中無休の16時半オープン。

今まで2回訪問しましたので、2回分をまとめてレビュー。

2回ともオープン直後に入り、60分程度で退散するショートタイムです。

18時近くなってくると客が増えて来ますし、予約の電話も多く、ピーク時には混み合う感じです。

店内は広く、キレイな感じですので、女性客や若い人も多かったですね。

逆に言うと、歴史ある名酒場的な空気感は無いため、居心地としてはイマイチという感じか。





まずは、ホッピーを飲みながら、突き出しの生キャベツをつまみ、メニュー選択です。

モツ焼きでは、個人的にカシラとタンが好物なので、まずはこの辺を中心に。




値段は忘れてしまいましたが、1本からオーダー可能で、値段の割にボリューム有って、カシラとタンは満足出来るレベルでした。






次はシロのタレ。

プリプリで柔らかくてサイズもNICE。

こちらも暖かいうちに頂けば満足のレベルでした。

この辺の串を食ってしまうと、チェーン店系の居酒屋とかスーパーの惣菜系のやきとんは食えないですね・・・

美味いやきとんは、30歳過ぎて出会った気がします。







レバ刺(500円)&霜降りタン刺(600円)もガツンと量が有って、合格点。

この辺は1人で食べるには多すぎるので、オーダーする際に要注意。

しょうが醤油&ニンニク醤油の2パターン出してくれるのもさりげなく嬉しいですね。





ガツ刺(500円)は酢味噌で。




さて、レモンサワーをあと1杯だけ飲んでササっと帰ろうと思ったら、このタイプ。

嬉しいんだけど、まさかハイサワー小瓶だとは・・・

結局2杯分ですからね。

この辺はレトロ酒場スタイルに寄せて来ておりますね。




私が頼んだのはスタンダードなメニューばかりですが、この他にもメニューは豊富で、串やつくね、モツ煮、ハムカツやら雑炊、鶏スープを始め、大人数でも飽きずに楽しめる変化球系もそこそこ揃っているので、デートや女性を交えた宴会なんかにもピッタリですね。

埼京線の板橋駅の近くにも小さな店舗で「一献」が出来まして、こちらは刺しは無いようですが、食べログによると、店員がかわいい女の子らしいので、時間を見つけて串とギャルを楽しみに訪問してみようと思うわけであります。






◆良いレバ刺しの見分け方








◆馬喰町バンド ヒトのつづき





0 件のコメント:

コメントを投稿