2013年7月28日日曜日

やきとん ひなた (大山店)

こんにちわ。

一番下っ端のKPXです。

ひたすら自宅近所の東武東上線・大山駅周辺の酒場をレポります。

店の混み具合からすると、おそらくこのゾーンの人気ベスト3に入る酒場「やきとん ひなた」 さん。

本店は同じく東武東上線の上板橋に有り、2号店が2012年に大山に出来ました。

さらに2013年は魚料理バージョンの「魚猫」 もこの近所にオープンさせ、大山の酒場濃度がグングン上がっております。

この「ひなた」さんは、野方の名酒場「秋元屋」で修行をした方が開いたお店という事で、噂を聞きつけた飲兵衛や地元の酒場アンテナの敏感な方が集まり大繁盛のお店です。

※ひなた店主のBLOGがアツい

とにかく、いつもでも満員で、何度か入店を試みましたが、入れず。

行列を作らせず、席が空いたら携帯に連絡をするというスタイルを取っているそうで、ピーク時は待ち人が何人居るのかも読めなかったりします。


そんな「ひなた」に初潜入しました。



7月の頭、平日の夕方の早い時間、池袋の「かぶら屋」で取引先の方と1軒引っ掛けて、8時半に解散。

これはチャンスと思い、9時頃に大山に着。

「ひなた」を目指すと、奇跡的にカンター数席が空いていたためすんなり入店出来ました。

私が座った後、ものの数分で残りの空き席も埋まっておりましたが・・・


コの字型のカウンターと、店の奥にテーブル席、出入り口周辺にもいくつか小さなテーブルが有り、2~4名のグループも対応可能ですが、予約はNGだそうだ。

スタッフは5,6人居たんじゃないかな。

みんな忙しそうに動き回ってて、活気が有りますね。

1品が安いので、オーダーは休む事なく入ってくるわけですね。

この季節はオープンテラス風に道端にもテーブルを作っております。

1軒目で、やきとんを結構食べて腹いっぱいですが、とりあえずホッピー白セット(380円)。



まずは、山芋の醤油漬け(150円)をオーダー。



この辺のチョイつまむ系は100円~200円です。

そして串は「レバー」と「たんした」(各100円)をオーダー。
「たん」も有るのですが、「たんした」とは、文字通り舌の下の肉だそうです。


↓レバー



↓たんした



串は、小ぶりですが、味はさすがに超美味かったです!

文句ナシ絶品、さすが秋元屋直伝です!

まず、ビジュアルの様子が他とは違いますもんね。

他の串は次回に取っておき、「和牛のたたき」(450円)をオーダー。





薬味もいろいろ有りますが、平日なのでにんにくは少なめにしながら全部ポン酢にぶち混んで
お肉をお口へGO。

写真通り、こちらもハンパ無い美味さ・・・

450円という値段とは明らかに吊り合ってませんよ・・・

これは幸せですね~。

串は熱いうちに食べて、山芋とタタキでホッピーを進めます。

時間も遅くなってきて、カウンター数席が空いている状況だったため、のんびりとipod聴きながら
酒場を堪能します。

ホッピー中身(250円)を2回オーダーし、タタキと山芋をかたづけて、「クリームチーズクラッカー」(250円)と「ひなたのモヒート」(380円)をオーダー。




モヒートは、市販のモヒートリキュールを使用し、ライムとハーブを入れたカクテルでした。

クリームチーズクラッカーも皿の墨にジャムが乗っかっており、これを口の中で混ぜながら頂くのは、美味かったです。

結構ダラダラと長居をしましたが、酒4杯と料理5品で合計2,160円也。


この店はね、料理の美味さと安さが凄いです・・・

秋元屋がうんぬんを知らなくても、いつも混んでるから通行人は気になるだろうし、調べてみれば「食べログ」で上位だし、酒場マニアの視点からしてもバックボーンが強烈だという。

そんな感じに勝手に宣伝されていて、どんどん地域に根付いていくという奇跡のマーケティング効果を産んでますね。







バスクの巨人、フェルミンムグルサが久しぶりに来日。FUJI ROCKでもぶちかましたそうだね~



2013年7月5日金曜日

仲宿酒蔵


こんにちわ。

一番下っ端のKPXです。


駅で言うと最寄は都営三田線の「板橋区役所前」。

10分弱歩きますが、JR埼京線の「板橋駅」、東武東上線の「大山駅」からも行ける酒場「仲宿酒蔵(なかじゅくさかぐら)」 さん。

営業時間は16時~23時、日祭日と第2第4土曜日が休みなので、基本は平日狙いしか出来ない酒場です。

板橋区仲宿は江戸時代には宿場街として栄えた歴史があるそうで、今は仲宿商店街を中心に住宅地になっております。

そんな仲宿商店街の路地裏にひっそり営業しているのがこの「仲宿酒蔵」。

若造が軽いノリではなかなか入らないとは思いますが、1度入れば老若男女がハマってしまう魅力が有ります。

ここも明らかにご近所の常連さんと、職場がこの辺りにある務め人で賑わう酒場です。

国会議事堂前の反原発でもに参加し、そのまま都営三田線の日比谷駅から板橋区役所までGO。

時間は21時半くらいでしょうか。


店に入ると、満席のテーブル席が目に入り、「ダメか・・・」と思ったら、意外にも5席程度のカウンターは先客は1人だったため、新参者の私はカウンターの出口寄りの端っこ席に座ります。

店内を見渡せば、程好い昭和感・広さ・雰囲気・・・。

私にとってはちょうど良い条件が揃っておりまして、かなり居心地が良いお店です。


まずは、ホッピー白セット(450円)をオーダー。

メニューを眺めてみると、種類はかなり豊富で、選ぶのが大変。

グループ客が多いのは納得のメニューのバラエティーさ。

お腹も減っているため、ポテトフライ(300円)と、炙り〆鯖(500円)で晩酌スタート。



腹減った時にはいつも頼んでしまうポテトフライは、スタンダートなクオリティー。

だがしかし、刺身がレベル高い。

どうやら毎朝、築地まで仕入れに行っているようで、ホタルイカは生でした・・・



この2点を一皿に盛られて出された時はテンション上がりました。

生姜醤油でホタルイカ、わさび醤油で炙り〆鯖を頂きます。

ボリュームも有るのでこれ以上の料理は頼めず、お楽しみは次回以降に取っておきたいと思います。



メニューを眺めていると、これまた種類が豊富。

自信が溢れ出しているかのごとく、刺身の種類が多く、あわび、白みる貝、蛤の刺身や、鯨ベーコンや生ウニも揃え、450~980円の間でランク分けされております。

刺身盛りも2点~5点まで可能で、グループ客もオーダーする時は迷ってしまいますね。


その他、焼き物、揚げ物、一品料理がたくさん有って、何度通っても飽きが来ないでしょうね。

これは常連さんが付くのは納得ですね。




おもしろいな~と思って眺めていたのは、ホッピーもいろいろやってます。

ホッピーをビールと捉えるならば、ビール系カクテルをホッピーでやってしまおうという発想が有ってもおかしくないわけで・・・

酒場ニューカルチャー発見です(笑)

ちなみに、中身は、焼酎が200円で、その他は300円です。

「ホッピーブラン」とか凄いですよね・・・

電気ブランがベース・・・

浅草辺りには「カミナリハイボール」というぶっ飛び酒も有りますが・・・

1杯ずつ変えてもOKですね。

気が向いたら頼んでみようかしら・・・





昭和風味のNICEな酒場。

こちらも、わざわざ遠出してまで行くのは大変かもしれませんが、酒場クオリティーは相当高いですね。

何よりも、女将さんの親切なサービスが素晴らしいです。

これだけでも癒されるのですが、料理も雰囲気もハイレベル。

お会計の時に思わず女将さんに「良いお店ですね~」と言ってしまいました(笑)






以下は、別の時に伺った際に撮った写真。



鯵の叩き


生海苔が添えてあるという憎いサービス。

さらに、驚く事に鯵の骨の唐揚げがサービスで出されます。





カウンターの目の前は寿司屋のようです。





マスカルポーネチーズ酒盗(300円)


スプーンにマスカルポーネチーズが乗っかり、さらにその上にカツオの酒盗が乗っかっておりまして、1口でペロリと頂きます。
美味かったです・・・








2013年7月4日木曜日

まつや (板橋駅)

こんにちわ。

一番下っ端のKPXです。

今回もご近所の酒場探索レポートです。

JR埼京線、板橋駅前のロータリーに有る、穴場的な酒場「まつや」 さん。

このロータリーの隅には、新撰組墓所がひっそりと有ったりしますが、特別おもしろいものは他には無い感じです。

そんな板橋周辺にもポツポツと酒場は存在し、勇気を出して入ってみたのが「まつや」さん。

雑居ビルの1F通路を少し入ったところにひっそりと店舗を構え、飛び込みで入るには少し勇気が必要な感じです。

ビルの1Fの気合の入った赤提灯が目印。

店の看板とも言える赤提灯がカッコイイと酒場クオリティーも期待できますね。







勇気を出して扉を開けると意外にも広く、清潔感も有りつつ和風な店内。

個人的には酒場で一番落ち着く広さ・歴史・空気感・雰囲気を感じます。

L字型カンターは10席程度、テーブルも4,5つ有って、ゆったりした居心地の良い店内です。

カウンターの中にマスターが居て、その奥様と思われる女性がホールを切り盛りしておりまして、ご夫婦の息の合った暖かいサービスも印象的ですね。

国会議事堂前の反原発デモに参加した金曜の夜9時半頃お邪魔しましたが、先客はテーブル席の近所が職場と思われる年配会社員10人程度の団体、小さなグループが2,3組、カウンターにはおじさん2人という感じでした。

まずは、ホッピーの白セット(430円)をオーダー。
ちなにみ、ホッピーの中身は「鬼ナカ」の2/3ですので、外×1本に中身×3の分量でした。


私はとりあえず、個人的スタンダードな大好物のやきとん、タンとカシラ(各120円)を塩で1本ずつオーダー。






出ました!辛味噌スタイル!

七味じゃなく、辛味噌で頂くやきとんの塩は最強なんじゃなかろうか。

クオリティーも満足出来るレベルでした。


そして、酒場の肴代表選手、どこにでも有りそうで意外を無い山芋の千切り(380円)。 

ファーストオーダーを満喫しながら、メニューや壁に貼っているオススメメニューを眺めます。


ちなみに、ウーロンハイと緑茶ハイと焼酎お湯割り/水割りは330円と安めでした。

その他、ご当地系の日本酒、焼酎も充実しているようですね。

やきとん、刺身、一品料理も揃っていて、〆の山形ざるそば(480円)なんていうオヤジも喜ぶメニューも有ります。

お値段は激安とまでは行きませんが良心的であります。

魚に関しては佐渡産、馬刺しも信州産で揃えているという拘りも素晴らしい!


せっかくなので、佐渡産のメバルの刺身(680円)も頂きます。





透明のお皿がイイ感じですね。

1人でカウンターで呑むには料理はこんなもんでお腹いっぱいです。

ipodで音楽聴きながら、濃い~ホッピーを呑みながら2時間弱の酒場タイムを満喫。

テーブル席も有るので、3,4人揃えばなかなかクオリティーの高い宴会はお約束されますね。

1回2回じゃ、100%満喫は不可能な、居心地・内容の素晴らしい穴場的酒場です。

板橋なんて、わざわざ呑みに行く場所だし、入りやすい店構えではないので、常連さんで成り立つ
酒場ですね。

THE居酒屋という感じで、個人的には近所では一番好きな酒場です。




           プカプカ / Early Times Strings Band



2013年7月2日火曜日

大衆鳥酒場 ひよっこ (大山店)

こんにちわ。

一番下っ端のKPXです。

晩杯屋一献に続き、東武東上線の大山特集。

今回は「大衆鳥酒場 ひよっこ」さんです。

鳥酒場なんですね・・・

総本店が池袋に有るようです。






新品の看板ってのは、いまいちテンションが上がらないですが、「金宮」の「宮」マークが見えますので、ちょっと期待です。

さて、実力はいかに。

土日の夕方に店の前を通ると、満席なことも多いので、人気は有るようです。

営業時間は年中無休の15時~夜中3時までの12時間営業。

金曜の仕事帰り、妻と2人で「ひなた」「魚猫」「鏑屋」を狙ってこの辺りをウロウロしていたのですが、どこも満席、むしろ並んでいる状況だったので、「大衆鳥酒場 ひよっこ」に初チェックイン!

テーブル席は近所のオフィスの仕事帰りと思われるおじ様グループで埋まっており、我々は4,5席程のカウンターに通されます。


まずは、ホッピーの白セット(390円)をオーダー。
中身は200円でした。

店員さんが運んで来たのは、空のジョッキとホッピーと金宮の一升瓶・・・??

「好きなだけどうぞ」と店員。

なんと、この店、ホッピーの中身が好きな量だけ入れても良いというシステム!

ジョッキの2/3位焼酎が入っている「鬼ナカ」はたまに有りますが、さすがに入れ放題ってのは初体験・・・


 





最初の1杯はホッピーの味も楽しみたいので金宮は気持ち濃い目の半分弱だけ注ぎました。

メニューにはメガホッピー(590円)、メガ中身(390円)なんていうのも有りまして、怖くて頼めないなと・・・。



ツマミ、まずは売りの鶏料理を。

メニューには「名物 ひよっこ焼き」「霧島鶏焼き」と有ります。

様子見でオーダーしたのは、ぼんじりとレバー(各250円)。





この店の拘りとして、串焼きスタイルではなく、皿盛りスタイル。
いろいろ食べたい 方にはハーフ&ハーフなんてのも出来るそうです。
ほほぅ、これは鹿児島県の霧島鶏焼きスタイルですね。

大人数で串焼き頼むと、イチイチ串から身を外すという光景をよく目にしますが、それって、形有るものを崩して食べるという時点で美味さが数十%ダウンしている気がしますもんね。

串焼きなら串のまま食べたいですよね。

これならそんな心配は必要なし。

鉄皿に乗っかって出される感じもビジュアルのインパクトが有るし、1個の大きさがゴロっとして大きく、量もかなりのもので、味もなかなかのレベルなので、250円なら満足できるレベルです。 

レバーには辛味噌、ぼんじりには柚子胡椒ってことで、皿のフチに付けてくれるところはポイント高し。




そして、特製煮込み(450円)をオーダー。
味噌タレが美味かった・・・






豆腐が入っているのですが、一度油で揚げてているのも憎い。

トロミがかった汁と麻婆豆腐っぽい味付けがアイデア斬新でスタンダードな味付けではないけど、美味かったです。


ポテトフライ(380円)も味は普通の冷凍ポテトですが量は多く、この時点でお腹は満足なので、他のメニューには手が出せませんでしたが、鶏系の料理も豊富だし、その他の1品料理もかなり種類が有ります。






180円、280円、380円、480円、580円という感じの値付けなのでガンガン食っても安心ですね。

それと、テーブル席のあちこちでサイコロをカラカラ振って盛り上がっているのが気になったのですが、どうやら「ハイボールカーニバル」というおもしろ企画だそうです。

ハイボールを頼むとまずはサイコロ振る。

その結果で、無料・半額・倍額になるそうです。

ちなみに倍額が出ると、大ジョッキで出てくるようで値段は倍で中身は2.5倍・・・

センベロに出来るかどうかはアナタの運次第ってな感じですね。

よく考えると、相当運が良ければ料理数品の数百円で済みますね・・・。

すげーシステムを導入した酒場です・・・。

伝統すら感じる名酒場のカルチャーショックはたまに味わいますが、飲兵衛に産まれた限りは新しい店が作り出す新カルチャーってのもチェックしていきたいなぁと思わせてくれる酔い夜なのでありました。

この日はサラリーマン男性だらけでしたが、内装はキレイで、安いため、若者や女性にもウケそうです。

私は、ホッピー外1本で中4、5杯を目指してましたが、酒を呑めない妻が帰りたがるため、結局、中身3回で退散となりました・・・

それにしても、呑み仲間とこの店に2時間も居たら大変な事になるな・・・

全裸になっちゃうかもね・・・



Red Hot Chili Peppers - Give it Away (Live @ Woodstock 99)





もしくは、物を破壊しちゃいかもね・・・




Beastie Boys - Sabotage (Live at Woodstock 1999)






2013年7月1日月曜日

一献(大山店)

こんにちわ。

一番下っぱのKPXです。

前回の「晩杯屋 大山店」に引き続き、今回も東武東上線の大山駅の酒場です。


今回は「串焼き肉刺し 一献(いっこん)」さん。

こちらは、東武東上線で池袋から15分程度、朝霞台に有る本店から都内に進出して来たモツ系の酒場のようです。
埼玉だと戸田にも姉妹店があるよ。

モツ焼き、モツ刺が売りの店ですね。

大山店は、池袋から東武東上線の各駅で5分の大山駅に有ります。

駅前から続く巨大な商店街「ハッピーロード」を徒歩4,5分進んで左の路地に入ったところに有ります。

近くには、鏑屋、そしてオープンしたての魚猫、ひなたなどの大人気の酒場も有りまして、大山酒場激戦地区なのです。

年中無休の16時半オープン。

今まで2回訪問しましたので、2回分をまとめてレビュー。

2回ともオープン直後に入り、60分程度で退散するショートタイムです。

18時近くなってくると客が増えて来ますし、予約の電話も多く、ピーク時には混み合う感じです。

店内は広く、キレイな感じですので、女性客や若い人も多かったですね。

逆に言うと、歴史ある名酒場的な空気感は無いため、居心地としてはイマイチという感じか。





まずは、ホッピーを飲みながら、突き出しの生キャベツをつまみ、メニュー選択です。

モツ焼きでは、個人的にカシラとタンが好物なので、まずはこの辺を中心に。




値段は忘れてしまいましたが、1本からオーダー可能で、値段の割にボリューム有って、カシラとタンは満足出来るレベルでした。






次はシロのタレ。

プリプリで柔らかくてサイズもNICE。

こちらも暖かいうちに頂けば満足のレベルでした。

この辺の串を食ってしまうと、チェーン店系の居酒屋とかスーパーの惣菜系のやきとんは食えないですね・・・

美味いやきとんは、30歳過ぎて出会った気がします。







レバ刺(500円)&霜降りタン刺(600円)もガツンと量が有って、合格点。

この辺は1人で食べるには多すぎるので、オーダーする際に要注意。

しょうが醤油&ニンニク醤油の2パターン出してくれるのもさりげなく嬉しいですね。





ガツ刺(500円)は酢味噌で。




さて、レモンサワーをあと1杯だけ飲んでササっと帰ろうと思ったら、このタイプ。

嬉しいんだけど、まさかハイサワー小瓶だとは・・・

結局2杯分ですからね。

この辺はレトロ酒場スタイルに寄せて来ておりますね。




私が頼んだのはスタンダードなメニューばかりですが、この他にもメニューは豊富で、串やつくね、モツ煮、ハムカツやら雑炊、鶏スープを始め、大人数でも飽きずに楽しめる変化球系もそこそこ揃っているので、デートや女性を交えた宴会なんかにもピッタリですね。

埼京線の板橋駅の近くにも小さな店舗で「一献」が出来まして、こちらは刺しは無いようですが、食べログによると、店員がかわいい女の子らしいので、時間を見つけて串とギャルを楽しみに訪問してみようと思うわけであります。






◆良いレバ刺しの見分け方








◆馬喰町バンド ヒトのつづき