2013年6月30日日曜日

晩杯屋 (大山店)

こんにちわ。

一番下っ端のKPKです。

4人でやってるこのBLOG早くも誰も更新しなくなりました。

BLOGってのはね、どこもこういうもので、続けるってのはなぜか大変なんです。


さて、飲兵衛の方々には有名な、立ち飲み酒場「晩杯屋」さんが、東武東上線の大山駅に出来たという事でキメてきました。

実は、私、この近所に住んでいて、武蔵小山店、大井町店、はたまた高円寺にある晩杯屋からの独立店「きど藤」にはなかなか行きづらいので、近所に出来たという情報を聞いた時は興奮しました。

「きど藤」は本BLOG筆者のKJX先輩が軽くレポってます。

※大衆酒場CALLING:「きど藤」高円寺 


晩杯屋(大山店)をレポる前にいろいろとググってみると、晩杯屋(武蔵小山店)は赤羽の立ち飲み「いこい」さんで修業した方が始めた酒場だそうです。

大山店のメニューに「赤羽 いこい直伝のレバホルモン」というレバーの唐揚げが有ったので「なんでだろう?」と思ってました。

「いこい」も有名な酒場だし、個人的には近所なので近いうち攻めてみたいですね。




さて、金曜日の19時半。

駅から徒歩2分のところに有るのですが商店街から1本入ったところなので、軽く地図を見ておいた方が良いです。




看板には「日本最大」の文字が・・・





店内はかなり広く、カウンターの他にグループで囲める丸テーブルもたくさん有りまして、キャパは詰めれば270人だそうです。

店内もキレイでスタッフにも若い女の子が多いため、女性や若者も入りやすいですね。

OPENしたてだったからか、週末のこの時間でもガラガラでした。

いつ来ても満員って感じになったらイヤだなぁと思いながら、カウンターの真ん中を陣取ります。






まずは、ハイッピーセット(350円)で喉を潤します。
ハイッピー・・・レモンビールテイストの割もの

テーブルの上のメニュー、壁に貼ってあるメニューを眺め何を頼もうか物色。

噂には聞いていたけど、青ざめる位どの料理も安い・・・

ほとんどが200円届かない100円台・・・

鯨ベーコンの450円が目立ちまくってます。

半分ジョークなんだろうけど、ロマネコンティの200万円ってのは笑いました。





最初に頼んだのはポテトサラダ(130円)、炙り〆鯖(180円)。

量も十分です。

この2品食べるのに、ハイッピーセットは空きます。


セカンドステージで、バイスサワーセット(350円)、さっき書いた、赤羽いこい直伝のレバホルモン(150円)、鰻の肝串(150円)






まあ、この値付けが出来るってのは外国産食材をバキバキ使用しているんだろうけど、それでも凄いですよね。

メニューのセレクトをしっかり絞れば体にも優しい激安酒場TIMEが約束されます。



ってなわけで、今回はハイッピーとバイスを各1セット、中身2杯でドリンクの合計が1,120円。

なのに、晩飯代わりのツマミ4品を足すと全部の合計がなんと1,840円也!

ササっと呑んで帰るのなら、まさにセンベロですね・・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以下はまた別の時に撮ったもの。


ホッピー、ミミガー(130円)、トマト(150円)。



ホイス、マグロ串カツ(110円)。



年中無休で、平日は15時OPENの23時半CLOSE、土日は13時OPENというのだから、東上線の飲兵衛は要チェックですね。


この近所には、野方の秋元屋さんで修業をして独立して上板橋の「ひなた」、その大山店が2012年にOPENしたり(ひなた 大山店 レポート)、吉田類さんも訪れた「鏑屋」さんや「炉ばた」さんなんかも有り、おもしろい酒場自体は比較的多いので、この晩杯屋はそのハシゴルートに入れる方がグンと増えそうですね。







大山も激戦区になって来ましたね。

大山だけに、BIG MOUNTAINの「Baby, I Love Your Way」。

いや、1人酒場のBGMにREGGAEは合いますよ、マジ。












0 件のコメント:

コメントを投稿