2013年3月23日土曜日

立呑み 二合


こんにちわ、一番下っ端のKPXです。

池袋酒場放浪日記。

池袋は「埼玉県池袋市」と言われる場所で、埼玉県民がうろうろしている場所なので、都会人はあまり来る機会は無いと思われます。

サンシャインくらいかな?


2月の金曜日、仕事上がりに池袋を1人放浪しました。

「バッカス」→「ふくろ」→「いこい」とハシゴして、最後に一番インパクトの有った「立呑み 二合」さんをレポ。






時間は21時を過ぎていたかと思います。

さすがにベロベロだったため、そのまま帰るつもりだったのでですが、いつも店の前を通りかかる時は満員な「立呑み 二合」店内はガラガラ。

1杯だけのつもりでINしてみました。

東口方面、豊島区役所よりもさらに駅から離れたところにある、小さなプレハブ小屋は見た目のインパクトも
大。

店内は10人も入れば満員です。

先客は40代くらいの仕事先の同僚と思わしき男性が2人。



まずは、焼酎のお湯割りを飲もうと思い、大将オススメの芋焼酎をオーダー。

大将は70歳は超えているかと思います。

若干人見知りっぽい感じでしたが、発言&行動がすごく面白くて、話してもおもしろいし、見ているだけでも癒されるナイスキャラです。

焼酎の銘柄は忘れましたが、聞いた事の無い焼酎だった気がします・・・




升にコップを入れ、溢れんばかりに注がれた焼酎・・・

一瞬テンパります・・・

そう、焼酎が日本酒のように升×コップで出てくるのです・・・

「おいおい、こんなに呑めね~よ」というのが率直な感想。

しかも、どうやってお湯割りにすればいいのやら・・・

「す、すいません、お湯割りで呑みたいんですけど」と伝えると、大将はサワーグラスも持ち、ポットからドボドボと熱湯を注ぎます。

大将「こんなもん?もっと?」
私「ス、ストップ!」

酒場ってのは、そのお店お店でルールが違うんですよね。
こういうカルチャーショックは脳に良さそうだ(笑)


カウンターにガラスケースが有るのですが、中は空っぽ。

大将に聞いてみると、料理は早い時間に全て売り切れるんだそうです。

客の入りも21時にはガラガラになり、22時には閉店なんだそうです。




4番まで行きました、はい。




冷静に考えて、すぐにピンと来ました。

やはり、こういうお店はOPEN直後から近所のオッチャン達が集まり、1杯~3杯で酔っ払う。

夕方には仕事帰りのベテラン飲兵衛がサクっと寄って行く。

そんな酒場なんですね。

ちょいと調べてみると、1品100円程度で大将の手料理が食べれるそうで、まさに予感的中でした。

と言う事で、どちらにせよお腹もいっぱいなので、カウンターにある韓国海苔(100円)で芋焼酎をチビチビ。

結局お湯割り2杯分ですからね・・・。

1時間かけてゆっくり呑み干し、結局閉店の22時まで居座ってしまいました。

なかなかタイミングが難しそうですが、次回は早い時間を目指してみたいですね。




お湯割りチビチビ、そんな寒い夜はBARBEE BOYSの「Chibi」でもいかがでしょうか♪




0 件のコメント:

コメントを投稿