2013年3月5日火曜日

肉のまえかわ

こんにちわ、一番下っ端のKPXです。


大井町の駅から徒歩3分の「肉のまえかわ」さん。

※食べログ「肉のまえかわ」


酒屋さんで呑むのを「角打ち(かくうち)」と言うのならば、この店は「肉打ち」とでも言うべきか?




OPENは大体4時半頃らしい。

この周辺は気合の入った酒場や中華料理屋も多く、「晩杯屋」さんや中華「永楽」さん、「吉田類の酒場放浪記」でも紹介された「ほんま」さんなんかも有りますね。

我々、コヤジは刺激を求め4人で「肉のまえかわ」さんをセレクト。

オープンテラス気分を満喫出来るが、2月の終わりという事で寒さもMAX。

プルプル震えながらビールからスタート。

支払いはキャンシュオン。

冷蔵庫から勝手にビールを取って店員にお金を払うスタイルで、初めて行った人には分かるはずもない・・・

ビールの他に発泡酒も揃えてあり、各自コストダウンは自由自在です。

食べ物はガラスケースに入った、各種コロッケや、チャーシュー、メンチカツ、カキフライ、串カツなど。

その場で焼いてくれる1本90円~の焼き鳥も完備。

料理はポンと皿に乗っけてくれればすぐに手に入りますので待ち時間はほとんど無し。




我々は、まずはメンチカツ(120円)をセレクト。


揚げたてではないけど美味かった・・・。

きっと、タイミングによっては揚げたてが食べれそう。






続いて、この店で最も高い肴、牛たたき(590円)を割り勘で。





すりおろし生姜たっぷり乗っかっていて、これまたクオリティーが高く、美味い・・・。

このスタイルの酒場でここまでの肴レベルを期待する人は居ないと思うので、強烈なギャップに驚きます。

肉屋直系らしいので、置いてあるのは全て肉料理、安い&美味い&早いは安呑み族にはたまりませんね・・・。

箸はなく、竹串1本でさばかなくてはならないのもカルチャーショックの1つ。

ドリンクはウーロンハイ210円、レモンハイ230円、ハイボールも200円ちょっと、全てまさかまさかの200円台です。

私はウーロンハイをセレクト。

杯数重ねると危険そうな味だったので、1杯でストップに2軒目へ。

ビール、メンチ、ウーロンハイ、肉たたき(÷3)で合計が700円くらい・・・



お客さんは8~9割は近所の常連のおっちゃん達で、ソワソワしてればいろいろと教えてくれるので、1人でも安心かな。

店員の女の子はみんな大陸系で、サービスには期待してはいけません。

「揚げ物と缶ビールでエンジンかけて2件目へGO」という酒場でございました。

カルチャーショック度高めのDEEP酒場、余裕の合格ライン突破です。


また行きます♪











0 件のコメント:

コメントを投稿