2013年2月18日月曜日

島田屋

今回はJR川崎駅から30分ほど歩いたところにある、地元の人にもあまり知られていない川崎の酒場を紹介します。

こちらは肉の卸しがやっている居酒屋で、格安な値段でおいしいもつ焼き・煮込みなどが楽しめます。


営業時間は開店15時、21時前に閉店。日曜・祝日休み。
京浜工業地帯川崎の労働者の活動時間にマッチしているようで、平日でも開店から間もなく席が埋まります。

店内にはテーブル席が3つと、カウンターにも10人くらい座れると思います。
モンローやヘプバーンのポスターが貼られていて昭和の雰囲気ただよいます。
混んでくると外にテーブルとイスが並べられ、オープンテラススタイルを楽しむ酒人も見られます。

このお店は食べ物の値段が強烈で、絶妙な焼き加減のもつ焼きは1本60円。
その他、煮込みやガツ刺しなど、ほぼ150円という驚きの値段設定なのです。
以前はレバ刺し150円なんてのもあったけど、あの事件以降どうなったのか気になるところです。


飲み物はビール、日本酒、ウイスキーが揃っていますが、なぜか焼酎がないんです。
焼酎があれば客の幅が広がると思うんですけどね。いつも混んでるからいいのかな。

店員の感じはそれほど良いとは言えないけれど、コストパフォーマンスは抜群です。
川崎で早い時間に空きができてしまった時などヒマ潰しにいかがでしょうか。

また良い酒場を見つけたら紹介しますね。では。

0 件のコメント:

コメントを投稿