2013年2月27日水曜日

酒喰洲


なぎら先輩と浅草ジンタのライブを見に行ったときのこと
会場にお祝いのお花がいくつか届いてました。




そん時から気になってた酒喰洲さん。
最寄り駅は東日本橋、人形町、浜町、馬喰横山あたり

店内BGMのアメリカングラフィティなロックンロールを聴き
ほっき貝の刺身と海の幸かき揚げなどを肴に日本酒をちびちびと呑ってきたで。




魚屋がやってる立ち呑み屋ということで新鮮な魚介類を刺身、焼き、天ぷらなどで。
ふきのとう、春菊の天ぷらもうまかったで。




日本酒、焼酎の種類はたくさんはないけど、厳選してるって感じ。
高知の日本酒が多かったね、ぼくは酔鯨と美丈夫をいただきました。

まわりのお客さんは純ハイ呑んでる人が多かったな。
他のお茶割りとかの焼酎も純ってことすかねぇ。


湯豆腐には馬路村のゆずポン使ってるとか書いてたし日本酒もやしお店の方は高知に縁があるんかもしれんね。

高知といえば某放浪記の方もなんかで紹介してたみたいよ。
こんな会話が聞こえてきましたw

おっさん「紹介記事を見てきました♪」
おかみさん「誰が紹介してたん?」
おっさん「Louie Louie
おかみせん「あぁ。前に来たことはあるけど、その時は他のスタッフが来たで」

忙しいんやなぁw

今回二人で5000円くらいでした。
人形町界隈の酒場を攻める時の一軒目に行きたいわ






2013年2月21日木曜日

桂馬

こんにちわ、一番下っ端のKPXです。


埼玉県東松山市は、東京からだと池袋から東武東上線の急行に乗って約60分の場所。

個人的な趣味で妻と山に登るので、秩父方面はたまに行きます。

山と酒という2つの趣味を1日でこなしてしまうという贅沢な企画。

東松山駅前には「ひびき」という焼き鳥屋さん(こちらも有名らしい)が有り、店先には↓のようなポスターが。





このポスターには東松山を含め7箇所の焼き鳥の有名処が書いてありますが、ちょっと調べてみると、東松山市は日本三大焼き鳥タウンとも言われているんだとか。

東松山には100件もの焼き鳥屋が存在し、日本初のやきとり組合まで存在しているという。


昼間は東松山よりもっと奥の山に登って、酒場の開店時間に合わせ東松山駅まで移動。

お目当ては東松山駅から徒歩5~6分程度に店を構える「桂馬」さん。




「桂馬」さんのマスターはやきとり組合の組合長だそうで、マスコミの取材なども代表して受けたりするそうです。

もちろん好みが有ると思うので、一番美味しいかどうかは人それぞれですが、私がたまたまセレクトした店が運良くそんな店でした。








開店17時にお店に着くと清潔感あるお店が見えてきました。



暖簾をくぐるとドアにはこんな張り紙が・・・


せっかく来たので、余裕で無視して入ります。

カウンターは15席程度、後方には座敷席、二階席もあるようで、カウンターは満席、座敷も予約のお客さんで埋まっている模様で、店内は既に賑わっております。

我々夫婦はカウンターの真ん中辺りに座り、様子を伺います。

カウンター内が広めの焼き場になっており、まずはレモンサワーをオーダー。

テーブルには寿司屋の下駄のように、長四角の皿が1人1枚割り当てられ置いてあり、ちょっとテンションが上がります。

ドリンクはすぐに来たものの、串のオーダーはなかなか出来ず、忙しそうな店員の隙をうかがっていると、目の前の皿にオーダーしていない串が1本置かれます。


「おいおい、いきなりミスってんのかよ・・・」と思い、しばらく唖然としていたのですが、どこか違和感・・・

どうやら、カウンター客の全員にカシラが1本ずつ配られています。

私の左に座っているご常連らしきおっちゃんに話しかけてみます。

私「すいません。これ頼んでないのですが、一体どういうシステムなんですか?」
おっちゃん「初めて来たの?この店はお通しがカシラ2本なんだよ。2本食べたら他の串をオーダーすると良いよ。」と。

カルチャーショックすぎます・・・。

焼き鳥屋でお通しがカシラって・・・。


さらに話し込むと、東松山ではお店によってはストップしないと永遠にカシラが出てくるわんこ蕎麦みたいな店も有るそう。

そんなの分かるわけないですよね・・・。




東松山の焼き鳥は「豚」がメイン、そう「やきとん」なのです。

昔、生肉工場が近くに有り、安価で豚の内臓が手に入った事もあり、そのまま豚がメインの酒場カルチャーが出来上がったんだそうだ。

富士山の近くじゃないのに、FUJI ROCK FESTIVALとか言っちゃってるのと同じノリか?

いや、違うか・・・

カシラ、レバー、タン、ハツ、ナンコツ、つくね、シロが各120円。

全種類頂きましたが、カシラが一番美味かったです。

しかも、カシラ、レバー、タン、ハツ辺りは全てねぎ間になっているんですね~。

自動的に野菜を摂取出来るという。

都内でもたま~に有りますが、東松山では焼き鳥にニンニクとコチュジャンが利いた辛味噌を塗って食べるスタイルなんですが、これは東松山がルーツだなんて話をどこかで聞いた事が有ります。


滞在は2時間程度でしたが、客の回転は早く、カウンター客は2時間で総入れ替えに近い感じでした。

我々の右サイドに座っていた老夫婦は瓶ビール1本と串数本食べて数十分で店を出ておりましたし、私の左に座っていたおっちゃんは、これから飲み会らしく、娘とケンカして家に居づらいから0次会で「桂馬」に来たんだそうだ。

地元でも愛されつつ、新参者にも感動を与えるとは・・・

とにかく、駅の周辺だけでも相当な数のやきとり屋が有るので、今後の山登りの楽しみの1つに東松山やきとりツアーもセットで楽しみたいと誓う土曜の夜なのであった。







2013年2月19日火曜日

きど藤



無職でも酒場をキメたくなる・・・

高円寺ピンサロ通りをずんずんいって路地を少し入ったとこにオープンした立ち呑み屋「きど藤」




なんと11時オープン!高円寺でも貴重な昼から呑れる店です。

武蔵小山の晩杯屋の人が独立して昨年11月に開店したとのこと。

肴は200円未満のものが多数、フグ関連の肴が300円超え。インドカレーとパンのセットもあり。

酒はバイス、ホイス、ハイッピー、カミナリハイボール(電気ブラン炭酸割り)常備。

青森の名酒 豊盃の三浦酒造と中野の名酒屋・味のマチダヤの名コラボ モヒカン娘も常備。

バイスセット、ナカ×2、炙り〆サバ、里芋コロッケで1020円、無職でもいけますわw



ホーハイ節 | NHK映像マップみちしる~新日本風土記アーカイブス~






2013年2月18日月曜日

島田屋

今回はJR川崎駅から30分ほど歩いたところにある、地元の人にもあまり知られていない川崎の酒場を紹介します。

こちらは肉の卸しがやっている居酒屋で、格安な値段でおいしいもつ焼き・煮込みなどが楽しめます。


営業時間は開店15時、21時前に閉店。日曜・祝日休み。
京浜工業地帯川崎の労働者の活動時間にマッチしているようで、平日でも開店から間もなく席が埋まります。

店内にはテーブル席が3つと、カウンターにも10人くらい座れると思います。
モンローやヘプバーンのポスターが貼られていて昭和の雰囲気ただよいます。
混んでくると外にテーブルとイスが並べられ、オープンテラススタイルを楽しむ酒人も見られます。

このお店は食べ物の値段が強烈で、絶妙な焼き加減のもつ焼きは1本60円。
その他、煮込みやガツ刺しなど、ほぼ150円という驚きの値段設定なのです。
以前はレバ刺し150円なんてのもあったけど、あの事件以降どうなったのか気になるところです。


飲み物はビール、日本酒、ウイスキーが揃っていますが、なぜか焼酎がないんです。
焼酎があれば客の幅が広がると思うんですけどね。いつも混んでるからいいのかな。

店員の感じはそれほど良いとは言えないけれど、コストパフォーマンスは抜群です。
川崎で早い時間に空きができてしまった時などヒマ潰しにいかがでしょうか。

また良い酒場を見つけたら紹介しますね。では。

2013年2月16日土曜日

立ち呑 こひなた


知らない街で呑る場合は待ち合わせの1時間前には行き、酒場力を頼りに前呑みをキメる。

とあるラジオチャンゴ系酒場パイセンが言ってたわ。

ということで、普段は行かない新橋なので前呑みキメたったわ。

新橋駅の地下街みたいなとこにある「立ち呑 こひなた

トレーにお金を入れといて店員がそっからとってくスタイル。

おつまみは200円~300円、まわりの人は鮪ぶつとか馬刺しをようたのんどった。

20分ほどの滞在でテレビで隕石のニュース見ながらドライなレモンハイ2杯とエシャロットキメて700円。

せんべろいけまっせ!

ダミ声っぽい顔やのに普通の声のおかみさんと店員のフィリピン娘がええ味を出しとるええ酒場でした。

この新橋駅前ビルの地下はまたせめたいすわ。

羅生門


こんにちわ、一番下っ端のKPXです。

新橋駅徒歩1分のガード下にある名酒場「羅生門」さんにアタック。



オシャレに言うならオープンテラス、雑に言うならドア無し酒場。

春や秋は早い時間から客で埋まり、予約席の札でテーブルは埋まります。

4人で店のINしたのは金曜日の21時くらい。

さすがに寒い日だったためか、テーブル席には誰も居らず。






まずは、店員のおっちゃんのオススメの煮込みを食らう。
こってり煮込まれたモツ、七味も有るが、カラシで頂くのがちょっと新鮮で美味し。






串物のオーダーは2本からなので要注意。
スタンダードメニューにつぶ貝なんてメニューも有って、串のクオリティー高め。
酒はビールと日本酒と缶チューハイしか無いそうだ。
我々は熱燗をオーダー。

升×コップに並々と継がれるHOT日本酒。
ヤカン入りで危険な感じ。




1軒目はおでん屋を満喫したのと、ラストオーダーがすぐに来たため、この日は1時間程度の滞在。

4人で5,400円也。

季節が良ければ最強の環境である。

激オススメ酒場in新橋。